製品ジャンル

モニター関連
・ヘッドレストモニター
・サンバイザーモニター
・バックミラーモニター
・オンダッシュモニター
・フリップダウンモニター
DVD、TVチューナー関連
・1DIN 2DIN DVDプレーヤー
・地デジチューナー
カーパーツ関連
・バックカメラ

モニター関連

ヘッドレストモニター

モニター本体コードと付属配線コードの接続は、構造上抜け止めが有りません。奥まで差込みましても金具部分が見えますが、問題ございません。ビニールテープ等で固定していただきます様お願いします。また、シャフトアダプターをご使用の場合、シャフトとアダプター部をビニールテープ等で固定していただきます様お願いします。

モニター本体のスピーカーご使用の場合

別途2又コード等ご使用方法に合わせご用意お願いします。AVE電源が出来ない、AV1AV2以外の表示が出ている場合、お車の過電流等の影響で内部設定がリセットされている可能性がございます。リモコンを使用し、初期設定画面での操作となります。配線は圧迫しない様にゆとりを持って配線して下さい。
※リモコンが必要です。(リモコンはオプション販売致しております。必要な場合はお問い合わせください。)

シャフトが緩い場合

過度調整により緩くなる場合がございます。出荷時に一律の硬さに調整し出荷させて頂いております。
調整をご希望のお客様には無償にて調整させて頂いておりますが、保証期間内でも往復の送料はご負担頂いております。

ページのトップに戻る

サンバイザーモニター

モニター本体コードと付属配線コードの接続は、構造上抜け止めが有りません。奥まで差込みましても金具部分が見えますが、問題ございません。ビニールテープ等で固定お願いします。

モニター本体のスピーカーご使用の場合

別途2又コード等ご使用方法に合わせご用意お願いします。また、配線は圧迫しない様にゆとりを持って配線して下さい。

セーブ電源が出来ない、AV1AV2以外の表示が出ている場合

お車の過電流等の影響で内部設定がリセットされている可能性がございます。リモコンを使用し、初期設定画面での操作となります。(設定方法に尽きましては、ご購入時期により操作方法が異なります。お問い合わせ下さい。)

ページのトップに戻る

バックミラーモニター

通常のミラーと同等の性能ですと、モニター映像が見えなくなる為、一部のミラーモニターはミラー機能を低下しております。バックギア連動はバック時+12Vが流れる配線に接続下さい。(一部バック時に+12V以下の出力のお車にはご使用頂けません。)また、配線は圧迫しない様にゆとりを持って配線して下さい。

セーブ電源が出来ない、FMが表示されている、DTVが表示されている場合

お車の過電流等の影響で内部設定がリセットされている可能性がございます。リモコンを使用し、初期設定画面での操作となります。(設定方法に尽きましては、ご購入時期により操作方法が異なります。お問い合わせ下さい。)

地デジチューナー搭載機について

お住まいの地域、ビルの間、地下等では電波が入りにくい状況になります。フリーズや受信感度の悪い地域でご利用のお客様は、高感度アンテナ等のご使用をお勧め致します。

ページのトップに戻る

オンダッシュモニター

リモコンを連続で操作する場合、反応が出来ない場合がございます。内部処理に時間を要しますので、ゆっくりと操作お願いします。配線は圧迫しない様にゆとりを持って配線して下さい。

セーブ電源が出来ない、AV1AV2以外の表示が出ている場合

お車の過電流等の影響で内部設定がリセットされている可能性がございます。リモコンを使用し、初期設定画面での操作となります。(設定方法に尽きましては、ご購入時期により操作方法が異なります。お問い合わせ下さい。)固定スタンドへの取り付け方法ですが、当商品は本体下の幅広部から取り付け金具の長方形の長い部分を横向きに差込、上へ挿入する方法になります。

地デジチューナー搭載機について

お住まいの地域、ビルの間、地下等では電波が入りにくい状況になります。フリーズや受信感度の悪い地域でご利用のお客様は、高感度アンテナ等のご使用をお勧め致します。

画面が反転してしまった場合(MHL対応9インチ、10.1インチモニター対象)

AVモードで本体ボタン「CH-」を押すと上、下、右、左4パターン表示設定することができます。
※必ず映像入力状態で設定を行ってください。ブルーバック「映像なし」の状態では設定できません。

画面比率が変わってしまった場合(MHL対応9インチ、10.1インチモニター対象)

AVモードで本体ボタン「CH+」を押すと16:9/4:3表示切替設定することができます。
※必ず映像入力状態で設定を行ってください。ブルーバック「映像なし」の状態では設定できません。

ページのトップに戻る

フリップダウンモニター

配線は圧迫しない様にゆとりを持って配線して下さい。損焼する恐れがあります。(特に天井とモニター本体間の配線)お取り付けは天井に穴を開ける必要がございます。場合により補強金具が必要な車種もございます。ルームランプ連動はマイナス仕様車のみとなります。プラス仕様車には御取り付け頂けません。

セーブ電源が出来ない、FMが表示されている場合

お車の過電流等の影響で内部設定がリセットされている可能性がございます。リモコンを使用し、初期設定画面での操作となります。
(設定方法に尽きましては、ご購入時期により操作方法が異なります。お問い合わせ下さい。)

ページのトップに戻る

DVD TVチューナー関連

1DIN DVDプレイヤー

製品により設定方法が異なります。お手持ちの製品に該当する項目をご覧下さい。

1DIN702/1DIN706

液晶の色合い調整…エジェクボタンが御座いますがそのボタンを長押しして頂きますと明るさ・コンストラスト・色合いの調整がボリュームにて可能となっております。項目移動の際はボリュームボタンを押して頂くことにより可能となっております。

1DIN351

リモコンにて「SET UP」を選択→SETUPメニューが表示されリモコン「ENTER」周りの矢印にて「月マーク」表示にて選択(ENTERを押す)→モニターに明るさ・画質等の項目が出てきますので リモコンにてお好みに調整して頂くことが可能となります。

2DIN DVDプレーヤー

製品により設定方法が異なります。お手持ちの製品に該当する項目をご覧下さい。

2DIN DVDプレーヤーシリーズ全般

画質調整方法
DVDのモードにして頂き、液晶下部を一度タッチして頂きますと、再生操作メニューが表示されます。右から2番目の『ハンマー』アイコンをタッチした後『VIDEO』を押すと画質調整画面が出てきますので明るさ・カラー等の調整が可能となります。

DVD表示異常(WARNING PLEASE STOP WATCH VIDEO PLAYERが表示される)
DVD全般当該商品にはパーキングセーブ(走行中視聴不可)の機能がついております。その機能を解除しないと走行中、視聴出来ない仕様となっており「WARNING PLEASE STOP WATCH VIDEO PLAYER」の表示がでます。ピンク配線(サイドブレーキ連動)を(-)に接続していただく仕様となっております。
※1DIN351は(+AC12V)に接続となります。
※接続が甘い場合に於きましても視聴不可となる場合が御座います。

DVDdiscが入らない
DVD本体の天面に2本ビスが御座います。そのビス2本取外しして頂いていますでしょうか?取り外ししていない場合、DVD/CDのdiscが入りませんのでご確認頂きます様お願い致します。
※その2本ビスは搬送時の衝撃対応のため取付けしています。

エンジンノイズ対応/対策
1.バッテリーが劣化すると起こりやすくなりますので、まずバッテリーの点検をしてみてください。
2.また、できればバッテリーから専用の線を引いて直接取って頂く方が良いと思われます。
3.電源にノイズフィルターを別途ご購入頂くことで改善すると思われます。
4.配線ルートですが、電源線と映像・音声の配線は平行配線ではなく出来るだけ別ルートとしてください。
※アースの接地もご確認ください。

モニターから音声が出ない(スピーカー内蔵モニター全般)
当該商品に付属しております電源ケーブルに御座いますRCA端子はAV1オス端子(黄色)AV2メス端子(黄色)音声メス端子(赤白)となっております。
AV2に映像を入力された状態で音声も入力されましてもスピーカーから音声は出力されない仕様となっております。恐れ入りますがAV1にお繋ぎ頂いているかご確認頂きます様お願い致します。
※AV2は映像入力のみ対応です。
※AV・AV2端子のオス・メスの違いにつきましては、それぞれ商品付属の取り付け説明書にご説明させて頂いております。

車体に収まりきらない
スズキ車の一部など、車種によってはパネル開閉時に引っかかる可能性があります。その場合、車体を2mmほど削っていただく必要がございます。

地デジチューナー(フルセグ、ワンセグ)

高層ビルや高架下、トンネルや地下道では電波が受信できない場合があります。地上デジタルの電波が弱くフリーズする場合は高感度アンテナ等のご使用をお勧めします。

地デジ放送が受信出来ません。

高層ビルや高架下、トンネルや地下道、電波の弱い地域では電波が受信できない場合があります。見通しの良い場所へ移動してください。
地上デジタルの電波が弱くフリーズする場合は高感度アンテナ等のご使用をお勧めします。
アンテナ取り付け場所も電波受信に影響します。貼り付け前に受信感度の良い場所を探し設置頂くことをお勧めいたします。
アンテナコードを引っ張ったり、接続の際真っ直ぐに接続しない場合は、アンテナ端子のピン折れ、曲がりが発生致します。この場合は受信いたしません。ご注意ください。

電源が入りません。

初期設定は電源がOFF(ランプが消灯)になっております。リモコンを使用し電源ON(ランプ点灯)を行ってください。配線に付いているヒューズの確認をお願いいたします。

接続したのに画面に何も表示されない

地デジチューナー本体の電源がON(ランプ点灯)時に画像が出ない場合は接続されているモニターなどのAV設定や入力端子の間違いが無いかをご確認お願いします。
※受光部のランプが点灯しない場合は不具合の可能性がございます。その場合は、お問い合わせください。
※上記の内容に当てはまらない場合はお問い合わせフォームより内容をご記入の上、お問い合わせください。

ページのトップに戻る

カーパーツ関連

バックカメラ

ジェット洗車のご使用や水の溜まる場所への設置は、商品に不具合を発生させる恐れがありますので、お止め頂きますようお願い致します。

レンズ内浸水・レンズが曇る・結露等の不具合が発生した場合

保証期間であれば初回に限り商品の対応交換を致しますが申し訳ございませんが2回目以降は保証対象外とさせて頂きます。
また、常時電源やACCで電源を取っている場合、長時間の通電で過熱の原因となり、結露や変形により水の浸入の原因となります。長時間の通電が原因の場合は保証対象外となりますので、今一度接続方法をご確認ください。また、少量の結露の場合はご使用を中止し、蒸発により解決するかをご確認ください。
赤外線ランプは全て発光する訳ではございません。暗度により変化致します。
赤外線ランプは暗闇で、ほんのり発光する程度となっております。

バックカメラの通電について

製品コードCAM11〜13の商品につきましては電源ケーブルと本体の間に電源BOXケーブルがございます。電源BOXケーブルを接続せずに直接本体に通電しますと本体が破損しますので、ご注意頂きますようお願い致します。
※誤接続での破損は保証対象外となりますので予めご了承ください。

ページのトップに戻る

上記以外の製品について

当サポートページにお問い合わせフォームがございます。ご不明な点等がございましたらお問い合わせください。

ページのトップに戻る

Copyright©2008 Car快適空間/Katsunoki.AllRightsReserved.